葬儀社を選ぶ際のポイント

葬儀社を選ぶ際のポイント

最近では個人やご遺族のご希望で家族葬を執り行われる方が増えています。 家族葬では大規模な葬儀と違って大きな葬儀費用が掛からないうえに、参列者が少ないので気疲れしてしまうことがありません。 一般的な葬儀の場合では120万円以上を葬儀社にお支払しているケースが多いです。 家族葬なら40万円以上くらいで執り行えることが多いです。 葬儀社によっては後から追加費用を請求され、結局高額な葬儀費用が掛かってしまったということがあります。 最初の費用だけで選ばずに、お見積もり時に明確に費用を提示する葬儀社を選ばれると安心です。 最近では追加料金は発生しないと言っている葬儀社も多くなっています。 そのうえで葬儀社がプランを無理におすすめすることなく、 ご遺族のご要望に合った葬儀を執り行ってくれるところを選ばれると良いでしょう。

葬儀の費用についてはきちんと相談しておくこと

 葬儀にかかる費用は諸説ありますが、一般的な相場で120万から150万円と言われています。 これだけの大きな費用がかかる葬儀について、何の相談もせずに葬儀屋のいいなりで行うべきではありません。 時間がないなりにも、いくつかの見積もりを取って比較はすべきです。 葬儀費用を左右するものは祭壇や献花などのグレードです。 見栄えのいいものほど費用は掛かりますが、良すぎても悪すぎてもいけません。 その葬儀の参列人数などの規模に沿った、丁度良いグレードというものがあります。 ではどの位の規模のものが丁度良いのか、その相談にきちんと乗ってくれる葬儀屋であることはとても重要です。 どの位の人数が集まりそうか、特に気になっていることはないかなど、こちらの事情について耳を傾けてくれる葬儀屋と相談することで、葬儀で後悔するリスクを回避できます。

 

Calendar