任意売却を行うメリット

任意売却を行うメリット

 任意売却を行うメリットというのは、ほとんど市場価格の金額で売却を行うことができるということです。 任意売却の場合は、不動産市場に非常に一般的な販売方法で売りに出します。 したがって、任意売却の場合は、市場価格と同じような金額で売却を行うことができます。 競売の場合は、任意売却よりも高く売れることも最近ではあるそうですが、ほとんどは市場価格から2割〜4割安い金額になっています。 売買価格が違ってくると、債権者へ返すお金が違ってきます。  返すお金が違ってくると、任意売却を行った後や競売を行った後に残る住宅ローンを返済するお金が非常に違ってきます。  さらに、引越し代の金額にも大きく影響するようなことも結構あるそうです。

 

任意売却の後、これまでのマイホームを残す方法はあるのか

 住宅ローンの返済が困難となった場合、任意売却という方法で残債を軽減することができます。 任意売却をすると、これまでのマイホームは第三者の手にわたることとなります。 もちろん、売主側は退去して別な住まいを探さなければなりません。しかし、「子供を転校させたくない」「家族にお年寄りがいてむやみに転居したくない」などの事情で、任意売却の後もマイホームに住み続けたいと考える人もいます。 そういう時には、いくつかの方法があります。 その一つは、親または子、兄弟や親戚などにその物件を買い取ってもらい、しかるべき家賃を払うという方法です。 ただし、親族間の物件売買や新たなローン契約に関しては、金融機関も慎重に対処します。返済能力の有無をはじめ、任意売却を利用して親族間で物件を有利に転売するのではないかという疑念を抱かれるからです。 そうはいっても、任意売却後の親族間の物件売買が完全に不可能だとはいえません。 たとえば親族の属性や信用状況が良好であり、なおかつ第三者の専門家が厳格に査定した価格で売買をするなら、金融機関の理解を得られることがあります。 任意売却後もマイホームに住み続けたい時には、こうした方法を検討してみましょう。

 

【神奈川県(横浜市)】
横浜市/ 鶴見区/ 神奈川区/ 西区/ 中区/ 南区/ 港南区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 磯子区/ 金沢区
港北区/ 緑区/ 青葉区/ 都筑区/ 栄区/ 泉区/ 瀬谷区/ 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
川崎市/ 川崎区/ 幸区/ 中原区/ 高津区/ 宮前区/ 多摩区/ 麻生区

Calendar