任意売却は業者に依頼して済ませることも出来る

任意売却は業者に依頼して済ませることも出来る

 任意売却は、負債が滞ってしまい債権者や金融機関に対して返済ができなくなってしまったときに検討しなくてはいけないものです。 ですので、任意売却をするかどうかを決めるときにはきちんと相談をしたほうが良いのです。 特に、任意売却をしようかどうか迷っているときには債権者や金融機関側からその旨を持ちかけられることがあります。 この場合、相手が紹介する不動産会社を仲介として取引をすれば、それ相応の価格で担保の売買をすることができるようになるのです。 また、こうした金融機関などから紹介された不動産業者というのは、紹介された金融機関の信用を落とさないためにも必死になってより高い値段で不動産を任意売却してくれるようになります。 ですので、信用性の高いこうした業者に任意売却を任せても良いのです。

任意売却のプロセスと配分案の作成

 住宅ローンの返済ができないからと言って、自分勝手に任意売却ができるわけではありません。任意売却の前提として、抵当権を所持している債権者の承諾が必要です。 債権者からの同意を得られた後、住宅の査定をして販売価格を算出します。ちなみに、債権者が1社であれば、販売価格まで事前に決定できますが、債権者が複数ある場合は、とりあえず査定価格の1割増しの数字を販売価格とすることもあります。 販売価格を決めたら販売活動に入ります。そして、購入申込者が現れた段階で各債権者に対する売却代金の配分案を作成することになりますが、この配分案が任意売却における最重要事項と言えます。 それは、配分案に納得してもらえなければ、肝心の任意売却ができないからです。少なくとも、競売で回収できる金額よりも多い金額を提示しなければ、債権者は承諾しないのが一般的です。 同意が得られた段階で、購入申込者と売買契約を結びます。 なお、通常は任意売却をしても住宅ローンの債務が残るので、改めて債権者と残債の返済方法を決めることになります。

 

Calendar