任意売却は自分が見つけた不動産業者に依頼しましょう

任意売却は自分が見つけた不動産業者に依頼しましょう

 銀行から任意売却を行うための業者を強制的に押し付けられたようなことがあるでしょう。 任意売却というのは、任意、すなわち自分の意思で自分の家を売るということです。 そのため、銀行にとっては任意売却の業者を強制的に押し付けするようなことはできません。 最近、引越し代を全く面倒みてくれないような銀行が多くなっています。 しかし、任意売却を行う場合は、引越し代は一定の金額まではほとんど領収書が必要なくても承認してくれるような銀行もあります。 金融機関から任意売却のために紹介されたような業者の場合には、引越し代を出すと銀行の取り分が少なくなってしまうため、引越し代については全く話がない場合もあるそうです。 銀行に任意売却の業者を紹介されても、自分が見つけた不動産業者に依頼しましょう。

 

自己破産前に任意売却する意味

 自己破産を検討している人は、どうせ財産はすべて処分されるのだから、任意売却などしても意味が無いと考えがちですが、それは間違っています。 自己破産をするには、裁判所と弁護士の両方に費用を支払う必要があります。 その費用を捻出するために任意売却は役に立ちます。 また、自己破産の手続きには、財産がある場合とない場合の2パターンの進行があります。 基本的に財産がない場合の方が、費用も安く済み、手続きも迅速に進みます。 ですから、早く楽に自己破産したいならば、任意売却をしてからの自己破産の方がよいでしょう。 さらに、任意売却をして、残債を減らしてみたら、自己破産せずとも、やっていける見通しがつくこともあります。 自己破産を考えている人も、任意売却を考慮するようにしましょう。

Calendar