不動産取得税について

不動産取得税について

 不動産を取得したときに1度だけかかる税金のことを不動産取得税といいます。馴染みのない言葉なので、不動産取得税について説明したいと思います。土地を買ったり、家を買ったりするなど、不動産を取得したとします。そうしたら60日以内に不動産取得報告書を市役所などに提出しなければなりません。この不動産取得報告書を提出しないと、不動産取得税の軽減措置や課税免除が受けられなくなってしまう場合があるので、必ず期限内に提出するようにしましょう。  次に不動産取得税の払い方について説明します。不動産を取得した後、不動産取得報告書を提出すると納税通知書が送られてきます。一般的に不動産を取得してから6か月後くらいまでには送付されてくるようです。送付されてきた納税通知書に書いてある期限までに払い込みをしましょう。納付場所は他の税金と同じように、銀行や郵便局、コンビニエンスストアなどです。  不動産を取得したら忘れずに不動産取得税を払い込みましょう。

 

不動産を購入する場合に失敗しないためには

 不動産を購入したいと思っていましたが、不動産を購入するときの、不動産の価格というものは、どのようにして決まるのかよく分かりませんでした。 そのため、不動産価格はどのようにして決まるのか、インターネットで調べてみました。 その結果、不動産価格というのは、個別の「取引」ごとに決ままるので、客観的なデータだけでは、その不動産価格を完全に検証することはできないということでした。 また、不動産を購入する場合に失敗しないためには、専門家からのアドバイスももらって、できるだけ多くの情報を収集して、不動産価格に関して自分でよく検討を行うことが必要ということでした。 また、取引の相手と自分が納得するまで交渉を重ねて、取引することが必要ということでした。

Calendar