不動産業界への就職

不動産業界への就職

 今学生の人で、就職するにあたって、不動産業界ではたらきたいと思う人もいるでしょう。不動産で働く、というと、学生のうちは、いわゆる不動産屋さんをイメージする学生さんが多いかもしれません。しかし、実際には不動産にまつわる仕事というのは、実際に知られている以上にたくさんあります。不動産の中でも、大型のショッピングモールなどを専門にテナントを誘致するスペシャリストという仕事もありますし、不動産の電気に特化した技術的な仕事もあります。また、不動産の賃貸や売買の契約書をつくるといった、法務的な仕事というのを専門にしている不動産業の会社もあります。 このように、不動産業界の中は思う以上広範囲に渡っていますので、就職するときには、その適性判断も大切です。

定期借地借家契約のトラブル

 不動産の所有者で、不動産のテナントと定期借地借家契約を結んでいる不動産オーナーも多いと思います。不動産を賃貸する期間の期限が、不動産契約を開始する時点で決まってしまっている契約のことを定期借地借家契約といいます。そうではない、普通の賃貸借契約と違って、定期借地借家契約の場合には、その更新というのがありません。しかし、不動産オーナーとしては、更新がないかわりに、定期借地借家契約には、六ヶ月前予告があります。これを忘れていると、契約終了日になっても、テナントが出て行かないというトラブルになったりします。きちんと予告をしていれば問題ありませんが、していない場合には、居座られてしまう場合もあり、大きなトラブルになりかねないので注意が必要です。

Calendar