不動産投資信託とは何か

不動産投資信託とは何か

 不動産投資信託と呼ばれる投資方法を聞いたことがあるでしょうか。不動産投資信託とは、不動産に関する知識をもった専門業者が収益物件の購入・運営を行い、それに対して出資者が投資するかわりに配当を受けるというシステムで成り立つ投資法です。 たとえば、専門業者が条件の良いマンションを購入して賃貸借に出す際に、複数の出資者がマンションの購入代の大半を出し、不動産の賃貸収入から配当を受けるという流れになります。こうしたシステムを利用するメリットは、不動産に関する知識が無くても、不動産投資に参加できるという点です。複数の出資者がいるために、一人頭のリスクも下がるというのも魅力の一つであり、不動産投資に並ぶ人気の投資法になりつつあります。

今の不動産に決定する時に考えた事は

 不動産の購入の事でありますが、私は関東に住んでいた 若い頃は通勤にそこそこ便利である、道路や下水等の 環境がいい点を重要視して住いを選んできました。 その後、興味を持ってある有名な経済学者が書いた本を 読んだところ、今後時代がどう変わろうと不動産の値打ちは、 駅前等の交通に便利な所、生活に便利な場所は価格が 低下しないので、そのような場所を選ぶ事ですよ、としきり に力説していたのを読んでなるほど思っていました。 それから時代が過ぎ、ある事情で住いを移る事となりまして、 マンションでの仮住いしながら一戸建て不動産を探しました。 その時に本の内容を思い出してなるべく駅に近い所を優先し 探しました、当然価格面も高価でありましたが何かと判断し 現在の住宅に決めた訳です。 まあ、結果的には不動産は駅前等がい有利、という説は間 違いがないようでして国内の地価の低下にもなかなか強い ところありますので、今後景気が上向いてくればまた不動産 の向上に期待できると思っているところです。

Calendar