不動産投資とはいったい何か?

不動産投資とはいったい何か?

不動産投資という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。私もテレビの情報番組や、経済雑誌において目にする機会が増えてきました。しかしながら、そもそも不動産投資とは一体何なのでしょうか。 ここに、不動産投資とは、不動産を安く購入して転売したり、不動産を購入して賃貸に出すなどして資金を増やすことをいいます。不動産の商品価値が上がるのを見込んで、お金を文字通り投資するため、不動産投資等と表現されるのです。では、こうした投資方法が注目されている理由は何でしょうか。主に考えられるのは、リスクの小ささでしょう。ある程度お金に余裕のある家庭にとっては、良い立地の不動産を購入して賃貸借に出すというのは比較的容易なことです。資金回収もそれなりに見込めますし、最悪の場合はその不動産に住み込んでしまえば良いのです。

不動産業と宅建の有利さ

 最近はいろいろな資格に人気がありますが、不動産業界における宅建もその一つです。不動産の知識を持った宅建主任者が、不動産の会社にとっては必要なのです。というのは、単に知識をもった人材が欲しいというだけではなく、不動産業を営む会社は、一定の割合の人数で、宅建主任者をおかなければならないということになっているからです。そのため、不動産業の会社に就職するにあたっては、宅建はとても有利だとされているのです。 宅建においては、不動産にかかわる法律のほかに、民法だったり税法というのも出題されます。消防法などもかかわってきます。不動産を扱うにあたって、必要とされる知識の幅広さが、宅建の内容を見ると実感できると思います。

Calendar