不動産購入時のローン利用の注意

不動産購入時のローン利用の注意

不動産物件を購入する際には多額の費用が必要になります。物件費用や諸費用を合わせると、キャッシュで購入することはまず無理でしょう。そこで住宅ローンなどのローンを利用して購入することになりますが、不動産会社によっては提携している金融機関の利用を前提として商談を進めてくる場合があります。 住宅ローンは銀行や信用金庫などの金融機関であればほとんどが取り扱っている金融商品です。もちろん不動産購入時にもこれらの中から条件の良い金融機関を選んで利用することができます。 ところが、不動産会社の中には最初から利用する金融機関を一つに指定してくる場合があるのです。しかし購入者には、金利や保証料などを比較して金融機関を選ぶ権利があります。営業マンのペースで流されてしまいがちですが、まずは各金融機関の金利をチェックして吟味してから利用するローンを選びましょう。 人生の中でも不動産物件は大きな買い物ですから、慎重に商談を進めていくことが重要です。

 

不動産についての法律や税制

 不動産を扱う際には、種々の知識が必要となります。不動産の製法やその違いなどはもちろんですが、法律の知識は欠かせません。不動産の取引や建築などは宅地建物取引業法、国土利用計画法、都市開発法等、さまざまな法律の上で成り立っています。自治体によっては、京都市で派手な色彩の不動産を規制するよう景観条例があるように、自治体ごとで確認する必要が生じてきます。また、不動産取引には各種の税金がかかってくるので、税制の知識も不可欠になってきます。印紙税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税などたくさんの制度があります。また、税制は毎年のように変更されます。不動産を扱う商売を志そうとするときは、そうした種々の知識が必要になることを意識しておきましょう。

Calendar